信用金庫と銀行の違い

信用金庫と銀行の違い

信用組合 信用金庫 銀行 融資先 預けたお金は、地域・職域・業域などの同じコミュニティ内の組合員に融資されます。 営業地域があるので預けたお金は、特定地域の事業者に融資されます。 預けたお金が、誰に融資さ...
信用金庫と銀行の違い

銀行とは

現在日本には、皆さんに馴染みの深い金融機関である「地方銀行」だけでも、約百の銀行があります。 では、そのような銀行とは一体どのような組織なのでしょうか? みなさんもよくご存知の通り、銀行などの金融機関には3大業務として「預金」「...
信用金庫と銀行の違い

銀行の歴史

世界の銀行の歴史は、古くは今から5千年ほど前のメソポタミア(現在の中東)まで遡ることができますが、ここ我が国日本では、明治時代に西欧の制度を積極的に取り入れた文明開化の時代に大きな画期を求めることができます。 明治政府は、それまでの「...
信用金庫と銀行の違い

信用金庫と銀行はどちらが良いか?

ここまでの記事で、信用金庫と銀行について説明してきましたが、 「信用金庫と銀行はどちらが良いか?」 と問われると、私は信用金庫をおすすめしたいと思います。 理由としましては、信用金庫と銀行の違い で説明したように信用...
信用金庫と銀行の違い

信用金庫の歴史

信用金庫のルーツは、19世紀のイギリスまで遡り、当時のイギリスでは、産業革命が進展した結果、国民の貧富の差が拡大し、社会が混乱に陥っていました。 このような中、マンチェスター郊外で、世界初の協同組合(ロッチデール公正先駆者組合)が誕生...
タイトルとURLをコピーしました